PIEGA JAPAN

 

アルミニウムキャビネット

ヨーロッパにおける最大手のアルミニウムプレス機を用い、3トンのアルミニウムの塊から7,500トンのプレス機械によって押し出し成型されています。その結果が、並外れた剛性を獲得した高密度のスピーカーキャビネットです。Coaxシリーズ、Premiumシリーズは内部に補強リブが成型されるよう新たに設計され、ハウジングの影響が反映される音楽的クオリティーを更に極めます。この完璧なダンピングハウジングシステムが固有のサウンドの発生を防ぎ、上位機種であるCL120Xのハウジングに近似した最高グレードものです。

外観もアップグレードされ、洗練されたC型のデザインとなりました。Cの形状はスタイルの観点から魅了するだけではありません。レゾナンスの軽減やスピーカー内部の定在波などの技術的要素も含まれます。 構造上におけるアルミニウムキャビネットの有利な点は、高剛性でありながら従来の木製キャビネットに使用されているものよりも側面の厚みが薄くてすむことです。同じ容量でも、アルミニウムキャビネットであれば必然的に外寸のサイズも小さくて済むという点も強みです。

また、アルミニウムは内部損失が少なく共鳴しやすいため、PIEGAはスピーカー内部に振動減衰用のプレートを追加使用しています。これにより、特別に押し出し成型されたアルミニウムは、魅力的な外観を保ちながらも最良な技術・音響特性を可能にします。