Piega

 

PIEGA と一目で分かるアルミニウムのシンプルでエレガントな箱のような筐体デザイン。このサブウーファーはさまざまな環境に溶け込ませ、目立たずに設置することができます。挑戦的な音楽再生やホームシアター双方において、厳しいユーザーの高い要求をクリアした強力な存在です。


Technical Data

  
model PS 101
バスレス型アクティヴサブウーファー
推奨アンプ出力 300W(ピーク)、150W(RMS)
能率 可変
再生周波数帯域 28 ~ 200Hz (– 3dB / 可変)
ハイカット周波数調整範囲 50 ~ 200Hz(-24dB / oct)
ユニット 22cm LDB Bass x 2 (同相駆動)
入力端子 LFE in, Line In, Hi Level in
出力端子 Line out (ハイパスフィルター付)
位相変動 0°/ 180°(切替)
電源管理 常時ON、またはAUTO ON/OFF
消費電力 アイドル時: 8W スタンバイ時:0.5W
サイズ H42 x W36 x D40 cm
重量 25kg
仕上げ 本体:アルミニウムシルバー
天板:アルミニウムヘアライン
カバーグリル:シルバー
本体価格 ¥280,000/ペア(税別)
オプション ブラック仕上げ:ブラック塗装 / 天板アルマイト加工 / ブラックカバーグリル
ホワイト仕上げ:ホワイト塗装 / ホワイトカバーグリル
本体価格:¥300,000/ペア(税別)

※仕様や価格は予告無く変更する場合があります。

 
 
 
 
Detailbild 1

深々とどこまでも沈み込みリスナーを包み込むような低音や、真にリアルな衝撃音の再生にも良質なサブウーファーは大きく貢献します。同時に、ハイクオリティの音楽再生にも超低域の支えは重要であり、高品質なPIEGA Hi-Fiスピーカーとのシームレスなマッチングが可能です。

 
 
 
 

PS101サブウーファーは、優れたHi-Fi音響特性が得られるよう、特別な配慮の下で開発されました。高能率を実現するために、22cm LDB ベースドライバを2基、バスレフ筐体にマウント。最先端技術を活用したドライバは、極めて低損失のサスペンションを誇り、まさに空気に対するピストンとして機能する非常に堅牢なコーンを備えています。ドライバ単体での測定値も極めて正確な再生特性を有し、低歪で高能率な点は特筆すべきものです。

Detailbild 1